検索
  • スタジオ夢物語岩見沢

士別観光PR写真コンテストにて


今週は17日と18日はお休みを頂き士別まで。

観光協会の士別のPRの為の写真コンテストの審査をさせて頂いてきました。

力作がズラリと並ぶ中、写真の技術的なもので選ぶなら簡単なのですが、

趣旨が士別のPRとの事で、凄く良い写真なのですがちょっと趣旨的に違うかな?

と感じたり、もう少しだけ構図をしっかり考えてくれたら上に上がっていたのになあと感じる

写真が有ったりなかなか考えさせられる審査でした。 それから現在の応募規約の中に応募作品のデジタル処理はダメな内容となっていましたが、

このデジタル時代にデジタル処理がダメと言うのは疑問しかありません。 処理しなければプリント出来ないじゃん!!

合成したり手を加えたりしてはいけないという事なのでしょうけど、そろそろ間口を広くしてあげなければ必ず先細りしていくコンテストになると感じました。 士別観光協会の関係者の皆さんにはその辺をしっかりと考えて、主催者側としてもう少し勉強してほしいと感じました。

話は変わりますがせっかく久々に士別に帰ったので短い時間の中で友人の議員と久々に酒を交わしながら

政治や会社の運営について熱く語り合ったり、士別店のスタッフとミーティングをしたり、有意義な時間を過ごしてきました。

ミーティングでは今年は技術面より接客と店づくりに全力で取り組む方向で、スタッフ自ら会社や個人の弱点を全て曝け出させてマイナスの部分を一ヶ月以内に克服していく為の対策を練ったりもしてきました。

我々はお客様に生かされているという事をしっかりと肝に銘じて写真づくりをしていかなくてはいけません。士別の店長も技術的には既に北海道の中ではそれなりのレベルで戦えるところまで成長してくれています。 でも技術だけではお客様の心を動かす事は出来ません。その辺の意味をしっかり考えて自ら行動出来る様になれば良い営業写真家になっていけると思っています。

ミーティング後は皆で今年初の焼肉。 スタッフに奢ってもらっちゃいました。 初めての事でしたが黙って御馳走になって帰ってきました。 若い子に甘える事は無かったけど嬉しいもんです。 いっぱい美味しいものを食べてきたので明日からの週末の撮影も元気よく頑張れそうです。 帰りの士別近郊は酷い濃霧で映画のワンシーンの様な幻想的な世界でした。


0回の閲覧